ダイエットに効果的な良い眠りをとるには?

睡眠の質を高める習慣

一日の終わり、ゆっくりと身体を休ませる睡眠。
この睡眠の質が良いか悪いかで、ダイエットが成功するかしないかといっても過言ではありません。
睡眠不足は肥満を進行させますので、できるだけ質の良い眠りをするように心がけたいものです。

就寝の3時間前には食事を済ませる

おなかがいっぱいになると眠くなります。
ぐっすりと眠る為には、胃腸の働きが一段落して落ち着くのことが必要です。
それにかかるのが、大体2〜3時間程といわれています。

朝食はしっかりと食べる

朝起きて食べる朝食は、ただ単にエネルギーになるだけでなく、胃腸を動かして体内時計をリセットしてくれる働きも持っています。
朝食にバナナを食べる人がいますが、バナナに含まれているトリプトファンは、目をさます働きをもつセロトニンの元となります。
このセロトニンは夜になると睡眠ホルモンであるメラトニンに変化してくれるのです。バナナだけでなく、乳製品にもこの働きがあります。

就寝1時間前はリラックスタイム

寝る1時間前は、照明を間接照明だけにしたり、アロマキャンドルを付けたりして、
身体と心がリラックス出来るようにします。
そうすることでメラトニンが正常に分泌されます。

青白い光はNG

携帯電話やパソコン、テレビ、ネオンなどの光は、メラトニンの分泌を妨げますので、就寝1時間前には目にしないようにします。
電気をつけたままでないと寝れないなんて人は、すぐにでも改めるようにします。

肥満と深い関係にある睡眠。
ダイエットを成功させる鍵ともなりますので、ぐっすりと質の良い睡眠がとれるように、できることから始めていきたいですね。